上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面白いぞ~、これ。


マット・デイモン主演の「ボーン・シリーズ第三弾。
観たのはだいぶ前になるが、DVDが発売とのことで少々。
第一弾のボーン・アイデンティティーも第二弾のボーンスプレマシーも劇場で観られなかったが、念願叶って劇場入り。

いや~、面白い! 最高!!
やっぱり映画は劇場に限ると再確認(いつも思うが、中々続かん……^^;)。

簡単に言ってしまえば、ただの鬼ごっこ映画
はっきり言って、カーチェイスや衝突シーンなどは一回観ただけでは、何が何やらワカランが^^;
全ては編集の妙技だと思うのだが、ぐいぐい引き込まれる。

ラストも奮ってる。まだ続く可能性もゼロじゃないだろ。

面白さ・楽しさという面では、ここ数年での最高の傑作でございました。


注)いきなりこの作品を観るのではなく、第一作から順序を追って観ないといけないよ~。
スポンサーサイト
2008.02.22 今年のPOG
筆者は、去年、見事フィニステールでダービー出走を果たした。
繰り返すが、「見事に」である。

ペーパーオーナーゲームの大方の目標はダービー制覇である。

確かに、勝てはしなかった。
15着と馬券的にもヒドい目に遭ったが、わずか18頭のの枠に入らないと戴冠は有り得ないのだから、良しとしなければならないだろう。

馬鹿みたいに高くもなく、ミーハー血統でもない。
それが余計に自尊心をくすぐる(あくまでもちっぽけな人間の自己満足の範囲)。


今年は、もっと期待値が高い。

アインラクス

言わずもがなだが、フィニステールと同じく、父親は筆者の永遠の愛馬ダンズインザダーク

ディープインパクトの甥っ子なので(母が姉)、ミーハー血統に属していることは間違いない。
少々忸怩たるものがあるが、仕方がない。

今年はこの馬と心中。
幸いオープン特別を勝ったので(しかし同着という憂き目?に遭い、総賞金は減↓)、トライアルには十分出られる。
次は3月9日の弥生賞(皐月賞TR)。

今年のクラシック世代は、近年稀に見る団子状態だが、是非頭一つ抜け出してもらいたい。
2008.02.17 to be or not to be
実は、このブログ、もうちょっと早く再開するつもりだった。

区切りよく1月1日からスタートできたりすれば、勝手にそれなりの理由付けになり、良かったのだろうがが、それも叶わず、
キリの良い日と言うか時期を逸してしまい、昨日今日の再開になったわけだが、
会社の、しかもたった一人の会社の創立記念日ってのも我ながらコジツケくさいと思っている……。


何らかの大きなネタを入手してからという思いが、11月ごろからあった。

特に何もなく数ヶ月が過ぎたわけだが、今月に入って、大ネタが舞い込んできた(まぁ筆者なりに大きいということで)。

生身の筆者を知らない人だけしか当ブログを閲覧しないのであれば、間違いなく書く。
しかし、筆者の素性を知る人も結構見てくれているとなると躊躇せざるを得ない。

素性を知る人にこそ大ウケしそうなネタだけに始末が悪い。
が、そこまで身を削る必要があるかと悩んでいる。

うん、ちっぽけだ。
ちっぽけな人間が大ネタと書いても説得力ゼロだが、ハムレット状態の昨日今日である。
半年以上、書き込みを出来ないでおりました。
ご心配くださった方々、励ましをくださった方々(非常に数は少ないが^^;)、
心より御礼申し上げます。

さて、今日2月16日で、筆者が会社を作って丸5年経った。
『吹けば飛ぶような』という言葉があるが、
筆者の会社はそれ以下で、間違いなく『吹けば飛ぶ』。

が、ささやかな記念日である。
それに合わせて、blogも書き込んでも行きたい所存。
毎日はとても無理だが、週イチだけでも、近況だけでも書き、
放置はしないつもりなので、改めましてご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

まずはご挨拶まで。
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。