上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ7月2日リリース開始の

プリズン・ブレイク シーズンⅢ

日本全国のファンの皆さん、スマン。先に観ちゃった。

例の脚本家ストライキの影響で、残念ながら、従来の約6割の13話。
しかし、面白かったぞー!

相変わらずの緊張感。何でもできる設定になってるし。
そりゃないだろーって無茶なシーンもあるにはある。
中盤過ぎのカンパニーの強攻策には苦笑を禁じえない^^;
でも、面白い。
観出したら止められない。止めたらマホーン並に禁断症状に陥る。
うん、面白い。

相変わらずマイケルは可哀想。
彼はランボーでもなくCTU等の政府職員でもない。
アタマの良いだけの普通のオニイチャンが(あの頭脳は普通じゃないか?)何でこんな目に遭わないといけないのかって思わなくもない^^;
マイケルを演じるウェントワース・ミラーも『演じるのが辛くなる』って感じのことを言ったらしいし。

でも、観てる我々はその過酷な運命をまだまだ楽しませてもらいたいっ^^

とりあえず、シーズン4だけでなく、シーズン7までの契約が一部でなされたらしいので、
楽しみは今後も続く~。



ランキング
スポンサーサイト
大阪府知事選挙に橋下氏が就任してから、メディアへの露出も大いに増えて、それはそれで決して悪くはないと思っている。

ちなみに筆者と橋下知事は、同い年。
高校は、同じ府立で、橋下氏の北野高校をライバル視していた高校に通っていた。
この時点ではそんなに差はなかったように思われる(思いたいという願望も込めて)。

彼はラグビーに打ち込み、筆者はマージャンに打ち込む。
否、弱くはなかったはずなので「打ち込み」は少なかったと思う^^;
この辺で、人間的な差がつき始めたのだろう。

高校卒業後、同じく一年間浪人生活を送る。
学部は違えど、同じ大学に通い始めたのだから、少しは差を縮めたかに見えなくもないが、
すぐに彼は勉学に勤しみ、筆者はマージャン屋に足繁く通う。

果たして15年。
一方は首長、一報は結婚もできず一般的な勤めもままならない社会不適合者w

『一歩の差が千里の差を生む』
蓋し箴言である。

同級生のよしみではないが、その知事殿に社会不適合者からひとこと申し上げたい。

財政再建に邁進されてる姿をテレビで拝見したり、新聞各紙でも色々と目にさせていただいている。
冒頭にも書いたが、注目されることは、前のオバハンよりは何千倍、何万倍も良い事だと思っている。

ハコものを売却するだの、補助金を減らすだの、その言やよし。
市長連中がいかに反発しようとも、直近の選挙で府民が選んだ首長なのだから、突進しても良いと思う。

ただ、同和についての話がひとっつも出てないのではないか?
筆者は寡聞にして知らない。
謙遜ではないので、勉強不足なら謝罪するが、たぶん出ていない。

何しろ、最年少球団記録ならぬ、10歳と4ヶ月という最年少糾弾記録を持っている(と思われる)筆者である。
新聞などロクロク読んではいないが、こと同和に関しては人より敏感である。

間接的には影響はある分野もあろうが、直接的なものはないはず。

敢えて言ってしまう。
35人学級の維持や御堂筋パレードなど、瑣末なことはどうでもいい。

同和に切り込んでください。
そうすれば、府立体育館も100階建てに改装して向こう100年間維持管理できる。
そこに巣食う者達やその代弁者達のあぶり出しも出来る。

逆の意味で、それは打ち出の小槌(金が余って仕方がなくなる!)。
これホント。

ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。