FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.20 甥っ子(弟)
昨日の兄の次は、弟の方だが、こいつは二歳半。

 「呼吸以外(の行動)はすべて悪」

と言っても過言ではないくらいの悪童にすくすく育っている。

兄がきれいに並べたミニカーなどのオモチャを隙があったら崩そうとする。
本は読むモノではなく、投げるモノ、やぶるモノ。

ノートパソコンが開いていると、普通の子供はキーを叩きたがったり、画面を触ろうとするものだと思うが(実際に兄はそうだった)、
ヤツは違う。
キーを叩こうとするのではなく、いきなり引き剥がそうとしたのである。
「いきなり」というのが重要なことで、実は弟夫婦の家にはPCがない。
初めて目にするノートパソコン。
ヤツは直感的に、力を下から上へと入れたのである。
もはや好奇心の範疇を超えている。悪の本能が瞬時に作動したのである。

加えて、反抗期なのか、何でもかんでも『イヤ』と言うのが口癖で、たまに大声を出して我を通そうとする。
だが、親は許しても筆者は許さない

近くの公園に滑り台があり、半円ならぬ四分の一円の雲悌を登って行くのだが、
左手にミニカーを持っているがために、四つんばいの姿勢から最後の一歩というのか一手が出せず登り切れない。
横にいる筆者の顔を見たり、声を出したりして手伝うようにアピールするのだが、そんなもん、ミニカーを放せば簡単な話なのである。
しかし、「だから、それをよこせ」と言っても、絶対に放さない。
『イヤ』の一点張りである。

親なら少し抱え上げてやるのだろうが、筆者は許さない

 「渡せ」  『イヤ』    「渡せ」  『イヤ』 ……

を繰り返し、観念してミニカーを渡すまで放っておく。

しかし、敵もさるもの。
30分間高い場所で四つんばいでいるのは、ある意味感嘆に値するかも知れない。

月に一回程度しかヤツとは過ごさない筆者だが、はっきり言って世界で一番ヤツを殴っている。

もはや、お尻を二回三回叩いても聞かないし、効かない。
手数を増やすのも面倒なので、そろそろ鳩尾を殴って一発でしとめてやろうかと考えている。

大きくなって、一番に復讐されるのは筆者なんだろうな^^;
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tougyouan.blog99.fc2.com/tb.php/21-3ac2a8ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。