上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.27 無責任の系譜
衆院選は厳しい状況、民主優位で一党独裁を懸念=与謝野財務相
 与謝野馨財務・金融相は25日の閣議後の会見で、30日投開票の衆院選について厳しい情勢との認識を示した上で、現在の民主党の勢いを見ると国会が一党独裁になってしまう可能性があり、自民党など「ブレーキ役の政党の存在が必要だ」と語った。
 また、民主党の鳩山由紀夫代表が23日のテレビ番組で2010年度の新規国債発行額を2009年度よりも増やさないと発言したことについて「そう簡単に断言できるほど日本の財政事情はやさしくない」と述べた。
 ~後略~ (ロイター)


ここにもいた。戦前の亡霊が。

仮に民主党がナチスのようなものであったとしても、そこに国民の気持ちを向かわせたのは、
あなたたち政権党じゃないか。

戦前の日本軍が暴走したのは、時の為政者の無能・無策によるところが大きい。
政治が無為・無策だから、最初はテロに反対していた国民が、喝采を送らないまでも同情するようになった。
それが軍部が暴走する素地になった。

関東軍根性丸出しの人事院総裁がいると思ったら、近衛文麿級の無責任国務大臣(しかも主要閣僚)。

共産党が言うならわかるが、お前が言うな。
当事者意識の欠如。
否、もはやそれが分からないほど耄碌しているのだろう。

どうぞあちらへ、退場。

ランキング

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tougyouan.blog99.fc2.com/tb.php/87-4874827a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。