上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.17 形容矛盾
先の衆院選挙で赤っ恥を晒した幸福の科学。
(悪口ではない。筆者は逆に期待してた。創価学会と殺し合いをしてくれればと。)

そこが製作した映画 仏陀再誕 。

仏陀 とは、輪廻転生の外に飛び出た存在。
だから生まれ変わることはない。
二度と生まれ変わらないから、仏陀 という。
生まれ変わるのは断じて仏陀ではない。
それはせいぜい菩薩(次回地上に現れるのは弥勒菩薩で、56億7千万年後!)。

これではSFでもなければオカルトでもない。
奇妙奇天烈というか、ゲテモノというか、有り得ない。


同じように意味をなさないのが、外国人参政権
もはや塗る薬、煎じる爪の垢さへない。
チャウシェスク(ルーマニア)並みに銃殺しかないのかも。
もはやホラー映画の域。
否、国家反逆罪ということで、スパイ映画か。

ランキング

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tougyouan.blog99.fc2.com/tb.php/98-7e1d5c4b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。